目黒区でリノベーションできる賃貸|王子商事株式会社 > 王子商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > カスタム・リノベーションのご紹介:RM_102(キッチン解体編)

カスタム・リノベーションのご紹介:RM_102(キッチン解体編)

≪ 前へ|物件管理の日々。。(クロス編)   記事一覧   カスタム・リノベーションのご紹介:RM_102(キッチン造作編:Part1)|次へ ≫

カスタム・リノベーションのご紹介:RM_102(キッチン解体編)

カテゴリ:施工事例
今回の物件は、壁、天井に隙間がなく、直接躯体に仕上材を貼付けしている物件になります。
躯体の形状が屋内に直接表しになる部屋なので、建築当時の建築家は大変だったと思います。
当社としても造作するにも何度も躯体に穴をあけるわけにはいかないので、
ある程度中長期的な視野で計画を策定しなければなりません。

で、以下がBeforeAfterのBeforeになります。





キッチンは建築当初の仕様のままなので、解体していきます。


解体Show !


の前に、採寸して完成までのイメージ(設計)を念入りに確認します。

後々解体する必要ない箇所も想定されるためです。



では、解体していきましょう !


まずはタイルが問題なく剥がせるか確認します。

剥がすのが大変であれば、PlanB(=つまりそのまま)に移行します。

今回は簡単に剝がせたので当初の計画とおり遂行します。



冒頭でお話したように躯体に直接棚をつけているため、

無理に解体すると躯体を痛めることになります。

年季を感じさせる物件なので、丁寧に解体していきます。



ステンレス天板の上からタイル貼付けしています。

当時の施工方法を確認しながら、慎重に解体の是非を検討していきます。



吊戸棚はこれ以上解体すると躯体に影響を及ぼすため、

寸止めで解体STOPです。



キッチンカウンターは置いてあるだけなので、

解体というより移動するだけです。


無事解体終了!



余裕のない本物件の場合、

躯体を痛めると建物構造に支障がでてしまうため、

慎重に解体をしていく必要があります。


車でいえば、錆び付いた旧車の鉄板を切り貼りしていくリストアに近い感じですね。


さて、今後どのように仕上げるか、はたまた仕上がるか。

現場で作業は、設計通りにはいかないものです。


でもその工程が楽しいのだと思います。


ご興味のある大家様、お声掛けください!


次回に続く★








≪ 前へ|物件管理の日々。。(クロス編)   記事一覧   カスタム・リノベーションのご紹介:RM_102(キッチン造作編:Part1)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    王子商事株式会社
    • 〒152-0004
    • 東京都目黒区鷹番1丁目2-14
      シティハイツ鷹番 101号
    • TEL/03-6337-7927
    • FAX/03-6786-7748
    • 東京都知事 (1) 第105571号
  • QRコード

 おすすめ物件


目黒区鷹番1丁目のマンション

目黒区鷹番1丁目のマンションの画像

賃料
8.5万円
種別
マンション
住所
東京都目黒区鷹番1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩9分

トップへ戻る